最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



blogram投票ボタン

イチローの脚力

イチロー選手が200本安打を達成出来なかった事について、色んな論議があります。年齢的な衰えや脚力低下で内野安打が減った事が要因とされる意見が多いです。

私の個人的な見解は、動体視力の低下ではないかな?と思ってます。動体視力の低下は打者にとって選球眼や芯で捕らえる最大のポイントとも思ってるからです。

世界の盗塁王の福本さんの記事を読みました。福本さんは、盗塁に関して脚力低下を否定されてます。ただ、盗塁は脚力はもちろん大事ですが、スタートが大半を占めるもので、この記事については疑問を持ちました。
皆さんはどうですか?

今年のイチローは、これまでヒット数を稼いできた内野安打が減り、結果として200本安打には届かなかった。2009年の内野安打率は28%で2010年は30%だったが、2011年は23%に減少。

内野安打が減った理由には、「イチローの脚が遅くなった」ことも考えられる。しかし、「脚力と年齢は関係ない」と断言するのは、1065個の盗塁を記録して41歳で引退した野球評論家の福本豊氏だ。

「僕も晩年は盗塁数が減ったけど、それは出場機会が減っただけで脚力が衰えたということではない。実際、盗塁成功率は引退直前までほとんど変わらんかった。イチローは相変わらず盗塁数が多いし、脚が遅くなったわけではないと思います」

イチローの今季の盗塁成功数は40。失敗はわずか7で、成功率を計算すると実に0.851に上る。2006~2010年の過去5年間の成功率は0.858だから、ほとんど変化はない。イチローの走力は落ちていないと考えるのが自然であろう。

福本豊氏「脚力と年齢は関係ない」とイチロー脚力低下を否定 (News Update) 記事引用


blogram投票ボタン

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。